「まるごと作ろう! まるごと丼」器を作陶(ささやま写真新聞)

篠山の「おいしい」がギューッと詰まった篠山まるごと丼は、篠山産のコシヒカリ、山の芋などの野菜、猪肉などの食材だけを使って作る丼。

その丼の器からまるごと作ろうと、2017年12月3日、今田町の立杭陶の郷で陶芸教室が開催されました。

2回連続講座の1回目で、2回目の2月4日には今回作陶した丹波焼の器を使ってまるごと丼料理教室を行います。

「丹波篠山食と器のビエンナーレ」の一環で、丹波篠山ご当地グルメ推進委員会が主催。

参加者の皆さんはそれぞれ思い思いの器を作り、楽しんでいました。自分で作った器で食べればおいしさもひとしお!

次回の料理教室も楽しみです。

 

DSC_9075.JPG

▲最初に作陶の仕方・ポイントなどを教わります

DSC_9114.jpg

DSC_9156.jpg

DSC_9411.jpg

▲参加者ぞれぞれの思いが詰まった器たち

このページの先頭へ戻る